初!
こちらで再出発しての日記ではあるのですが
そちらのじゃなくて
いったい何がかと申しますと
TONI&GUYだったわけです。
しかも「超fresh」な話!
なんてったって、本日体験だったもんで。
日本にもある大御所美容室。
私の実家の近所にもありますよ。ええ。ありますとも。
しかも、昔から。
が、しかし!
...行ったことありませんでしたw
そして、驚くことに、このniceな田舎町ツーソンにも、あるのです!
知ってはいたものの...なにせ本当に大丈夫かよ?と不安だらけの
かなり失礼な疑いを捨てきれず、今までチャレンジしたことが無かったんです。
あ、これは、アメリカでのお話。
アメリカの美容室って...なんだか日本のレベル(ヨーロッパも)を見ると
あたりの確率が、もの凄く低く思う。
まぁ、NYやLAの超有名ヘアスタイリスト(美容室)じゃない限り
まず不安でしょう。
そして、日本人の髪質ときたら...慣れてなかったら難しそうだしね。
これは日本で外人さんの髪質に慣れてなかったら同じことだと思う。
というわけで、本日おもいっきり勇気を振り絞って TONI&GUY に行ったわけです。
恐ろしく伸びてた髪を少なくとも10cmは切ってもらいました。
そしてレイヤーを入れてもらったり、前髪を切ってもらったり。
とりあえず、ぱっつんぱっつんの一直線に髪全体を切られなかったことだけで
かなりの安堵感。ホッ。
髪の量も減って、まとまりやすくなりました。
でも、まぁ、こんなものなのでしょう。
悪くはないけど、ずば抜けて上手い!というわけでもなく...
それでも、ヘタではなかったので、さすがに TONI&GUY でのカットだけに
まだ救われたのかな?と。
と、こんな風に言っても、自分じゃカットできないので
カットしてくれた美容師さんには、大感謝です。
ちなみに、日本と違うなぁ...。と実感したのは
シャンプーやら他諸々での動きの荒さ。
シャンプー中のシャワーは霧スプレーみたく顔に飛んで来ていたし
タオルドライは、もっと水気取ろうよと言いたくなる程、ぽたぽた水が滴っていますが?w
しかも、タオルで押さえたり髪上げての席までの移動とかじゃないんですか??ww
とういうような...他にもヘアカット中やブロウ中に色々と
ああ〜やっぱり日本は基本的に色んな事において
本当きめ細やかなんだな。
と再確認させられた TONI&GUY in USA での初体験。
ま、きっと同じアメリカ国内でも土地によってのレベルは違うと思いますが。
思うに、日本人の美意識とは世界でもトップを争うほどの
きめ細やかさ&繊細さ精神を備えたものだと思う。
まぁ、美容院での話は別として
アメリカのおおらかさというかおおざっぱさも
また、たまらなく大好きなんですけどね。
逆に日本の細かいところも時には息苦しく感じたり。
ということで、ようは時と場合によるんだな...と書きながら
初日記で、あまりにも自分勝手な見解を
披露する内容に終わってしまうじゃないかよコノヤロー。

ま、相変わらず、へぼ日記に終わってしまったけど
これから綴っていく日記に対してのプレッシャーがなくなったという事で
良しとしましょうw

では、ごきげんにゅぅ。

sophieihpos
[PR]
by ducaaaz | 2006-12-01 14:43 | +diary+
<< 零れ落ちてしまう前に ごあいさつ >>